鎌倉・湘南の観光情報メディア

けんちんそばを食べてみた。

寒い冬に飲みたくなる、けんちん汁。その発祥は鎌倉・建長寺だと言われています。そのけんちん汁をさらに発展させたものが今回ご紹介する、けんちんそばです!

建長寺が発祥!けんちん汁を活かしたけんちんそばを食べてみた!

今回行ってみたのは、けんちん汁の元祖とも言われているお店「鎌倉五山」。

 

の、別館。

 

残念ながら本店は工事中でした。。

鎌倉五山別館にてけんちんそばをいただく

こちらのお店は建長寺から歩いて1分。目の前に位置しているので、建長寺の観光帰りに寄ってみるといいかもしれません。

IMG_0533

メニューはこんな感じ。最近増えている外国人観光客にも優しい作りになってますね。

IMG_0535

さて、けんちんそばも注文しました。待っている間に、店内にあるけんちん汁誕生の逸話でも読んでみましょう。

建長汁の誕生にはこんな伝え話が残されている。あるとき小僧が豆腐を笊に乗せて運んでいると、転んだ拍子に豆腐が落ちて砕けてしまった。そこでその豆腐を集めて野菜汁に加えたところ大変美味しかったために、それ以来、建長汁には豆腐をちぎっていれるようになったとか。

けんちんそばを食べよう!

逸話を読んで待っているとけんちんそばが出来上がりました!

IMG_0538

びっくりするほど美味しいわけではないけれど、予想通りのおいしさ。そしてこの具の多さには驚きました。寒い日は体が温まります。

おいしいなぁと話しながらあっという間に完食。お汁はもちろん飲みやすいので器は空っぽになりました。

今度、建長寺に観光に行く時には建長寺発祥の料理にも触れてみてはいかがでしょうか。
それではアディオス!

The following two tabs change content below.
Kota
前本航太。1993年。鎌倉生まれ、鎌倉育ち。旅行が好き。おいしい蕎麦が食べたい。